システムエンジニアに求められる究極の追求

システムエンジニアの特徴として、その業務内容に関して究極を求めたら際限がないという点があげられる。
平たく考えてしまえば、ある問題があったときに、それを情報システムの文脈で考えて解決策を見出す。そのシステムを具体的に設計して、仕様を策定するのがシステムエンジニアの仕事である。

しかし、それは見た目ほど単純なことではない。
同様の問題に注目し、システム開発を行っている企業は常に存在すると考えられる。
解決策として、少なくとも現状の情報技術では最良のものを導き出さなければ、開発されたシステムが利用されることなく廃れてしまうリスクがある。
それに加えて同等のシステムであれば、一日でも早く市場に乗った方が売れ行きが高くなる可能性が高いことは否めない。
そのため、最良と思ってもそれよりも良いものがないかということを常に考えなければならない。
たとえ一案が採用されて実際の開発に回されたとしても、さらに良いものとする可能性を常に追い求めていかなければならないのである。

その追求においても速さが求められることから、必然的にシステムエンジニアの仕事は激務となってしまう。
新しいシステムを考え、究極のものを目指していくことそのものに魅力を持っていなければ、担っていくのは難しい職種なのである。
そういった気概をもつことによって、激務も苦しさと感じることなく仕事に携わっていけるようになり、IT業界で活躍していくことができる。

コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
ウェブサイト