システムエンジニアは激務って本当?

日々進化をしているIT業界では、システムエンジニアが不足している状態で、有効求人倍率も年々増加の傾向にある。
企業側も優秀な人材を確保するために、正社員に採用したり労働環境を改善するなどの対策をとるのに必死である。
しかし、開発業務に当たっている多くのシステムエンジニアは、クライアントの要望をうけニーズにかなったコンピューターシステムを作り上げていく。
もちろんシステム開発の中心的存在として、クライアントやプログラマなどと綿密に打ち合わせが行われるので、専門家としての幅広い知識はもちろん、コミュニケーション能力も要求される仕事である。
さらに納期までは寝る暇も惜しんで仕事をこなしていかなければならないのである。
このような中、体調不良を起こす人も多く、この仕事は激務だというイメージが世間では定着をしている。
もっと楽しく自分のやりたい仕事をしたいと独立を考える人も多いが、現実には将来的なリスクを考え踏みとどまる人がほとんどだ。

そんな中、同じスキルを持ちながら社内システムエンジニアは、社内のシステムを管理するのが主な仕事なので、余裕を持って仕事に臨んでいる人が多い。
システム開発と違い、納期に追われるということがほとんどなく、経営戦略の一つとしてITシステムが重要なものとなっている。
今より経営に近いところでIT戦略の企画などを任されることもあるのだ。環境は違うが、システム開発とは違ったやりがいを感じられる仕事である。

コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
ウェブサイト