システムエンジニアのデメリットと言えば

システムエンジニアはメリットが沢山あります。
世間が不況だとしてもITの技術は無くてはならない物になっています。
しかし、システムの構築は誰にでも出来る物では無く、専門的な知識が必要になるのです。
そのために専門職として、必要とされる職業の一つとなっています。
スキルさえあるならばどんなに不況だとしても、就職先は確保出来るという強みがあるでしょう。
さらに、システムエンジニアは給料の面で非常に良いというのが挙げられます。
労力について、きちんと対価を払って貰えるのは非常に大きいと言えるでしょう。

ただしメリットばかりでは無くて、デメリットも、もちろんあります。
例えば納期が迫って来たならばどうしても、残業をしなければなりません。
企業にもよるかもしれませんが、サービス残業になってしまう事も多いです。
さらに、休日に出勤をしなければならない事も多いですから、精神的にかなり厳しい物になってしまう事も多いでしょう。
家庭にも悪影響があるので、注意が必要かもしれません。
就職をする場合には、学校で勉強をしたレベルではなかなか通用出来無いケースもあり、専門的な知識も必要になって来るので、プログラマーとしての経験も重要になって来るでしょう。

このようにシステムエンジニアは激務である事が珍しくありません。
ただ社内のシステムを管理するだけのエンジニアでしたら、比較的に楽かもしれませんがトラブルが発生したならば激務となるでしょう。

コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
ウェブサイト