システムエンジニアは激務かどうか

システムエンジニアは、基本的に激務と言われています。
まずシステムエンジニアは、コンピューターに関する専門知識やスキルをきちんと持ち合わせておかなければなりません。
さらに、クライアントがどのような希望を持っているのか、それをきちんと理解をしてコンピューターシステムに反映出来るように仕様書に落とし込むのが仕事になっています。
深い専門知識が必要ですし、クライアントだけでは無くて、プラグラマーともコミュニケーションをしっかりとしなければなりません。
その激務のため、精神的に参ってしまうシステムエンジニアも多いはずです。

システムエンジニアの中でも比較的、激務では無い所もあります。
それが社内SEと呼ばれる職種ですが、来基本的に企業の中のシステムを管理をする事が中心の仕事となっているのです。
クライアントから注文を受けて仕事をするタイプでは、とにかく納期に間に合わせなければなりませんが、社内SEの場合は、あくまで会社内のシステムの保全や管理なので、納期とは関係ないでしょう。

ただ、全く忙しくない訳ではありません。
例えば、なにかトラブルがあった場合は、眠らずに対応をしなければならないケースも珍しくはないのです。
この部分をどのように考えるのかが重要になって来るでしょう。
どのような業態だとしても、忙しくなるのは仕方ありません。
システムエンジニアや社内SE、仕事内容は異なりますが、どちらもやりがいのある仕事だと言えるでしょう。

コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
ウェブサイト